ウイルス対策ソフトはなぜ必要?

「ウイルスの脅威は知っていても、わざわざウイルス対策ソフトを購入する必要はない。」そう考えている人は意外と多いようだ。たしかにウイルス感染は頻繁に起こりえるものではないし、わずかなリスクのためにウイルス対策ソフトを購入するコストをかけるのは無駄な行為のようにも思える。

 

しかし、ウイルス対策ソフトを購入することで確実にリスクを減らせることができるのは確かだ。ウイルス対策ソフトには、Windowsに標準搭載されているセキュリティソフトにはできない機能が豊富にある。そのメリットを知ればウイルス対策ソフトがいかに重要なものなのかということも分かってくるだろう。

 

Windows 10標準搭載 セキュリティソフト「Windows Defender」の限界

 

Windows 10には標準で「Windows Defender」というウイルス対策ソフトが搭載されている。このソフトは、市販されているウイルス対策ソフトと同様に、ウイルス全般を検出することが可能だ。しかし、危険なのはウイルスだけではない。スパムメールや個人情報を盗む行為、有害なサイトなどインターネットにはさまざまなリスクが潜んでいる。そうしたことを考えると、ウイルス対策だけを行う「Windows Defender」だけでは不十分なのは明白だ。

 

有料のセキュリティソフトの中には、スパムメールや有害なサイトをブロックし、個人情報を保護する機能を兼ね備えたものがいくつかある。万全なセキュリティ対策を講じたいのなら、数あるセキュリティソフトから最善のものを選ぶ必要があるだろう。

 

セキュリティソフトをどうやって選ぶべきか?

 

セキュリティソフトを購入しようと思ったとき、参考にしたくなるのが「人気」や「知名度」、「売り上げランキング」といったものだ。多くの人が利用していれば、それだけ実績のあるソフトに見えてしまうのは仕方がない。しかし、多くの人が利用しているからといって、万全の機能を備えたセキュリティソフトであるわけではない。

 

いくら人気があっても、最新のウイルスを検知する機能が弱かったり、パソコンの動作を著しく低下させてしまったりするものであったなら意味がない。セキュリティソフトを選ぶ基準は、人気などではなくあくまで中身の実力である。数あるセキュリティソフトの中から、最善のものを選ぶように心がけよう。

 

尚、セキュリティソフトを比較するときは、必ず第三者機関の情報をベースにしているサイトで比較するようにしよう。自身のニーズに合ったセキュリティソフトがきっと見つかるはずだ。

 

セキュリティソフト(ウイルス対策ソフト)徹底比較