Windowsに標準搭載されているファイアウォールだけで十分か?

「ファイアウォール」と言うとWindowsに標準搭載されているものをイメージする人が多いだろう。確かにWindowsにはXP以降に「ファイアウォール」が搭載されるようになっている。Vista以降にはファイアウォールの機能が強化され、インバウンド対策(外部から内部への侵入を防ぐ)だけではなく、アウトバウンド対策(コンピュータの内部から外部への通信を防ぐ)も可能になった。

 

手動設定はかなり面倒 パソコン初心者には難しい

 

しかし、アウトバウンド対策には手動での設定が必要なうえに、アプリケーションが通信しようとするたびにブロックされてしまうという致命的な弱点がある。アプリケーションごとに個別に例外設定をすれば解決するが、新しいアプリケーションをインストールするたびに設定が必要になり、必要以上に手間がかかってしまう。ふだんからパソコンを使って操作に慣れている人でもアウトバンド対策の手動設定はかなり苦労するのではないだろうか。

 

一方、セキュリティソフトに搭載されているファイアウォールは、「パーソナルファイアウォール」とも呼ばれ、インバウンド、アウトバウンドの両方の対策を自動でしてくれるものが多い。また、ファイアウォール以外にも個人情報が勝手に送信されるのを防ぐ機能を搭載しているものがあり、個人情報の漏洩にも心配がいらない。外部からの侵入に備えるだけではなく内部からの情報漏洩に備えたいのなら、セキュリティソフトは必ず導入した方がいいだろう。